あと5年XPを使い続けるには(2019年まで)

Windows XPのサポートの本来のサポートはもう終わってしまいました。

でも、非公式ながら、Windows XPをもとに作られた違うオペレーティングシステムならまだアップデートを貰えるんです。その名も、Windows Embedded POSReady 2009。Windows Embedded POSReady 2009

Windows Embedded POSReady 2009はWindows XP SP3をもとに作られており、一つ前のPOS用のWindows Embedded for Point of Service V1よりもっと多くの機能を詰め込んでいるバージョンです。

Windows Embedded POSReady 2009はメインストリームサポートはWindows XPの時と同じように2014年4月に打ち切られましたが、延長サポートは2019年の4月まで、あと5年あります。

Windows Embedded POSReady 2009は前述のとおり、Windows XP SP3をもとに作られておりますので、理論的にはWindows XP様のアップデートが使えるはずです。しかし、Windows Embedded POSReady 2009様に作られたアップデートはMicrosoft社はWindows XPで問題なく動くとサポートしていませんので、自己責任になります。

Windows Embedded POSReady 2009にしてみるには、

もし、自己責任で自分のWindows XPにWindows Embedded POSReady 2009のアップデートを適用したいのであれば、以下のコードを試してみてください。

Windows Registry Editor Version 5.00
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\WPA\PosReady]
"Installed"=dword:00000001

上記コードを使うには、

  1. 上記コードをテキストエディターへ保存し、
  2. ダブルクリックしてレジストリーに書き込み、
  3. 再起動し
  4. Windows Updateを開いてみる。

めんどくさい人は、以下からダウンロードして下さい。その後、再起動してWindows Updateへ行けばアップデートが表示されるはずです。

Windows Embedded POSReady 2009のアップデートをWindows XPで使う(7z形式)[download id=”0″]

当たり前ですが、これはWindows XPの正式のアップデートではありません。Windows Embedded POSReady 2009はWindows XP SP3をもとに作られていますがMicrosoft社からの正式なサポートは一切ありませんので自己責任で行ってください。
また、このレジストリーアップデートが適用できるのはWindows XP 32ビット用のみです。64ビット用のWindows XPでは使えませんので。

旧タイトル:2019年までWindows XPをアップデート:非公式

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

あ、気づきましたか?記事が少しでも役に立ったと思ったらシェアでもコメントでもしてみてください^^;
このページの短いURL: https://thejuraku.com/pc/?p=1453