タスクバーにアプリを登録(Windows 10)

Windowsのどのバージョンでも通常はタスクバーと呼ばれるものは画面の下にあります。

タスクバーにアプリ(アプリケーション)を登録し、お気に入りのようにする事も同じくできます。

ここではWindows 10にてタスクバーにアプリを登録する方法を記載します。

また、Windows 95から伝統的に続いてきたタスクバーはWindows 10になっても使い方は基本的に同じであり、画面の上下左右に設置する事が出来ます。

タスクバーを左右に動かす

w10-taskbar-800x40

通常のタスクバーはこのように画面下にあります。

タスクバーを画面下以外の上と左右に配置するには、タスクバーの何もないところを右クリックし、「タスクバーを固定する(L)」のチェックを外します。

w10-taskbar-kotei-yes
w10-taskbar-right
w10-taskbar-left
その後、タスクバーを画面の上下左右の好きなところにドラッグ&ドロップすれば配置が完了します。

アプリをタスクバーに登録する(タスクバーにアプリのお気に入りを登録する)

上記のようにタスクバーが左にある状況にて、日付の隣にある「graph-bar-start-menu-icon」のアイコンをクリックする。

w10-taskbar-startbar

すると、インストールされているアプリがずらっと表示されます。
w10-taskbar-startbar2タスクバーに登録したいアプリを探し出し、右クリックします。この例では、「Acrobat Reader DC」をタスクバーに登録すると仮定します。

w10-taskbar-startbar3

「Acrobat Reader DC」を右クリックし、その表示されたメニューの中から「その他」→「タスクバーにピン留めする」を選択。

すると、タスクバーに「Acrobat Reader DC」のアイコンが表示されます。

w10-taskbar-startbar7

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

あ、気づきましたか?記事が少しでも役に立ったと思ったらシェアでもコメントでもしてみてください^^;
このページの短いURL: https://thejuraku.com/pc/?p=3499
104 queries in 2.981 seconds.