ブログのURLの変更とWordPressのクリーンインストール

今回の時間がかかったメンテナンスは以下を行いました。

  1. ブログのURLの変更
  2. WordPressのクリーンインストール
  3. 反省点

ブログのURLを以下の用に変更しました。

旧:https://pc.thejuraku.com/

新:https://thejuraku.com/pc/

URLは自動的に新URLへ移動します

今まで旧URLでリンクをされていた場合、自動的に新しいURLに転送されますが、もし当サイトへリンクしているサイトオーナー様がいらっしゃいましたら新URLへの変更をお願いします。

自動的に旧URLから新URLへ飛ぶ仕組みは以下の用になっていたりします。

旧URLのルートの.htaccessに以下を記述

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^pc.thejuraku.com$
RewriteRule (.*)$ https://thejuraku.com/pc/$1 [R=301,L]
</IfModule>

何をしているかというと、旧URLのhttp://pc.thejuraku.comとhttps://pc.thejuraku.comにアクセスがあったら新URLのhttps://thejuraku.com/pc/へ転送よろしく!とブラウザーに教えている。ついでにgoogleボット等がクロールしにきたら301で新しいURLへ転送しますよ!って教えている。

また、アクセスしてきた旧URLのパスをそのまま新URLへと伝える為には$1と記述しておく。

新URL(https://thejuraku.com/pc/)のワードプレスのルート(旧URLからの転送先=https://thejuraku.com/pc/)のルートには以下を記述。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://thejuraku.com/pc/$1 [R=301,L]

どこに記述するかっていうと、以下の用にすればOK。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://thejuraku.com/pc/$1 [R=301,L]
# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /pc/
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /pc/index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress

これは何をしているかというと、新URLは本来はhttps://thejuraku.com/pc/ですが、https://thejuraku.com/pc/でもアクセスできてしまう。httpsで通信してほしいので、httpでアクセスしてきた人にはhttpsに移動してもらうという誘導員的な役割を記述しています。

WordPressのクリーンインストール

旧URLで稼働していた当サイトは当ブログの開設当時からずっと同じデータベースの中身を使っていました。つまり、WordPress 3.0辺りからずっとマイナーアップグレードやメジャーアップグレードが出るたびにアップグレードしたり、数えきれないほどのプラグインのインストールとアンインストールを繰り返してきました。

Windowsでいうところの新しいOSが出るたびにアップグレードし、その間に色々なアプリケーションのインストールとアンインストールを繰り返した状態です。もちろんWindowsの場合は一回アップグレードしたりするとWindows自体が不安定になる確率の方が高く、たとえ問題なくアップグレードできたとしても、クリーンインストールと比べると何故か動作が絶対に遅いんですよね。

WordPressにも同じ事が言え、読み込み速度は最低でも3倍は早くなっていました。閲覧者の方で当サイトへご訪問を何回もして頂いた方の中ではおそらく「おっ」ちょっと早くなったかもというくらい気づいたかもしれません。

クリーンインストールで良くなった点

  1. 読み込み速度が良くなって、閲覧者としてユーザーエクスペリエンスが良くなったと思います。
  2. 不安定だったWordPressが不安定でなくなった事。http 500エラーやページの読み込み不良等
  3. サイト全体のサイズダウン

不安定だった事

  1. http 500エラーはページの読み込みが遅かった事が原因の一つと、原因不明な事ことに投稿記事をWordPress上で編集し更新しただけでおこったりした。
  2. ページの読み込み不良に関しては、上記の様に投稿を編集し更新したら、編集したページがheaderの箇所しか読み込まなかったりした事。

サイト全体のサイズダウン

もともとWordPressで運用する前は静的サイトにてphpとデータベースは使わない普通のhtml, css, jsだけのサイトでした。もちろん今もその方がサイト自体のパフォーマンスは早かったですが、CMSに慣れると便利ですよね~っと今に至ります。

という事でそれらの静的サイト時代の遺産は全部消去し、WordPressというCMS単体だけで動いていますので余分な内臓脂肪を減らせました。

反省点

本当は上記のクリーンインストールを行い、もとの旧URLへ戻そうと思っていたのですが、

  • レンタルサーバーのQuotaが超えてしまっていたりしてちゃんと転送等ができない事
  • 何故かバックアップから正常に復元できない怪現象

の上記二つに見舞われてしまったという事です。

まぁ、もともとは現在の新URLへの移行を考えていたのですが、別に旧URLのままでもいいかなって思っていたくらいです。

そして、何故かバックアップから正常に復元できない怪現象です。

バックアップからの復元は数えきれないほどやってきたつもりでしたが今回の件で自信を無くしてしまいそうでした。問題の追及は時間があるときに忘れていなければそのうち行います。サイトダウンの時間をできるだけ短くするのが一番のプライオリティーでしたのでサイトを閲覧できる状態にすることが先決でした。


あ、気づきましたか?記事が少しでも役に立ったと思ったらシェアでもコメントでもしてみてください^^;
このページの短いURL: https://thejuraku.com/pc/?p=5713
87 queries in 0.252 seconds.