64ビットGoogle Chromeは、より安定し、早く、安全

Windows 8.1からWindows 10にアップグレードしてから作動や各種動作が体感的に早くなった。とくに何も変更はしていないがちょっともっさりしていたと思われる動作が早くなった気がする。

しかし、Google Chromeは、ちょっとだけもっさり感が増した気がした。どうせならChromeも32ビットではなく64ビットにアップグレードした方がいいかなっと思い64ビットに移行する事にした。

32ビットから64ビットChromeへのアップグレードの手順

まずは現在のChromeのバージョンをチェック。ブラウザーのURLに

about:chrome

と入れると表示される。バージョンのところに64-bitと書かれていない場合は32ビットバージョンを使っている事になる。

Google Chrome Version 51.0.2704.106 m (32-bit)

64ビットchromeをダウンロードしよう

URLに

www.google.com/chrome

と入力。以下の画面が表示されるので、「Chromeをダウンロード」をクリックし、「同意してインストール」をクリック。64-bit Google Chromeをダウンロード

Chrome for Windowsをダウンロード 同意してインストール

Chrome for Windowsダウンロード後 ChromeSetup.exe

Google Chromeで上記動作を行っている場合、ブラウザーの左下にセットアップファイルが表示されるので、ChromeSetup.exeをクリックする。

下記画面が表示されるので、この時点でGoogle Chromeのブラウザーをいったん閉じる。間違っても、以下の画面は閉じない様に!

Chrome for Windowsダウンロード中

そのまま勝手に前の32ビット版Chromeの設定を引きついてくれて、勝手に64ビット版が作動します。

インストールが終わってからバージョン情報が以下の様に「64-bit」と表示されていればインストールが成功しています。

Google Chrome Version 51.0.2704.106 m (64-bit)

あ、気づきましたか?記事が少しでも役に立ったと思ったらシェアでもコメントでもしてみてください^^;
このページの短いURL: https://thejuraku.com/pc/?p=3768