AT&T U-Verse Pace Plc 5268ACにてポートフォーワードする方法

AT&T U-Verseを数年前に契約していたが、昨年初めころから時折TV、電話、ネットと通信がいきなり数分間途切れ、また勝手に復活するという現象が起こった。まぁ、アメリカの一般の通信事情だからそういうものかと思っていたが、年末年始にAT&Tに電話したところ機器を交換してくれるとのこと。

    1. ブラウザーで「http://192.168.1.254」を入力し上記画面を表示させる。

    2. ログイン画面が表示されたらログインしましょう。「Access code」の欄にアクセスコードを入力し、右にある「Submit」をクリック。アクセスコードは機材の裏に書いてある。

    3. タブを〔Settings〕→〔Firewall〕と進み、〔Firewall〕タブ内の〈Applications, Pinholes and DMZ〉をクリック。画面内の1) Select a computerの中の「Enter IP address」にファイアウォールに穴を開けたいPCまたはサーバーのIPアドレスを入力し「Choose」をクリック。

    4. 次の「2) Edit firewall settings for this computer」の中の「Allow individual application(s) ~」を選択。

    5. ここでの例では「Filter Applications by」の欄から「Servers」を選択し、次の欄の「Application List」の中から「FTP Server」「HTTP Server」「HTTPS Server」を選択し、「Action」の欄から「Add」をクリック。 通常のFTPポートに穴を開けたい場合は「FTP Server」。ポート80番だけを開けたいなら「HTTP Server」だけを選択。その他、自分の好みで開けてください。

    6. 必要ポートの解放を「Add」にて行った後、成功すれば「Configuration Successful」と出てくる。

      そして、ポート開放を指示した項目が「Hosted Applications」の中にその項目が表示されているはずです。

    7. もし既存の項目の中に開放したいポートがなければ自分で作成する必要がある。

      1. 「Application Profile Name」:その項目に名前を付ける
      2. 「Protocol」:TCPかUDPかと選択
      3. 「Port (or Range)」:解放したいポートの番号。ポート10000を開放したいならFromとToに同じ10000を両方とも入れておく。もし、10000から10010を開放したいならFromに10000、Toに10010を入れておく。
      4. 「Protocol Timeout」、「Map to Host Port」、「Application Type」:必要なら入力。白紙でもOK。
      5. 必要項目を入力後「Add to List」をクリック。
    8. 入力項目のサンプル。ここではWindows Remote Desktop Protocolを略してWRDPとしている。ポートは通常の3389。

    9. ちなみに「アクセスコード」は黒い機材の裏に書いてある英数字もしくは英数字と記号。初期のWi-FiパスワードやネットワークIDもそこに記載されている。

あ、気づきましたか?記事が少しでも役に立ったと思ったらシェアでもコメントでもしてみてください^^;
このページの短いURL: https://thejuraku.com/pc/?p=4442
98 queries in 0.245 seconds.