db-error.php ワードプレスDBのエラー画面を分かりやすくカスタマイズする

Sponsored Links

Share

WordPressで作成されたウェブサイトを訪問したり、WordPressで作成した自分のウェブサイトこういうエラーに遭遇する事はあるかと思います。

ファイルが見つからない場合は404エラーになりますが、データベースに接続できない場合に起こるエラーは以下の4つになります。

  • エラー:データベースに接続できません
  • データベース接続確立のエラー
  • インストール済み
  • データベースが選択できません

ユーザーが見えない所で起こっているデータベースエラーとしては、

  • wp-cron.phpが起こすエラー
  • 検索エンジンのボットがサイト内をクロールする時に出すエラー

等があります。

通常のエラー画面は以下の用に表示されますが、

データベース接続確率のエラー データベースが選択できません

がこれではユーザーに対して何の助けにもなっておらず、ハッキングしたい人にとってはデータベース名やデータベースのIPアドレスが晒されてしまうので非常に好ましくありません。

このつまらないデータベースエラーに対しての対策ではありませんが、少なくともユーザーに不快感を与えないために、自分でエラーページを作る事ができます。

以下はRagnite BlueのカスタムDBエラー画面です。

DB-ERROR.PHP サンプル画面

もし、通常のエラー画面より暖かみをもってユーザーを迎え、同時に、自分にDBエラーがあったと知らせるためには以下をベースにするといいでしょう。

<?php // カスタムワードプレスエラー
header('HTTP/1.1 503 Service Temporarily Unavailable');
header('Status: 503 Service Temporarily Unavailable');
header('Retry-After: 600');
mail("AnatanoAdoresu@email.com", "データベースエラー", "データベースにエラー発生", "From: WatashiNoServer");
?>
<!DOCTYPE HTML>
<html>
<head>
<title>おっと!データベースエラーが発生</title>
<style>
body { padding:20px; background:#FFF; color:#000; font-size:14pt; }
</style>
</head>
<body>
<h1>データベースエラーが発生しました</h1>
<p> ^_^;エラーが発生です。</p>
<p>ちょっとまってからまたご訪問をm(__)m</p>
</body>
</html>

重要なのが、このファイルをどこに置くか。

ファイル名は以下にする。

db-error.php

ファイルを格納する場所は以下になります。

/wp-content/db-error.php

これで終了です。


db-error.phpの中身の一行一行についてはそのうち説明します。

googleで検索すれば説明が結構たくさん出てきます。

また、更に便利に改良する場合はこちらを御覧ください。
db-error.phpを更に改良!ワードプレスDBエラーを管理者へ色々と知らせる!

あ、気づきましたか?記事が少しでも役に立ったと思ったらシェアでもコメントでもしてみてください^^;
このページの短いURL: https://thejuraku.com/pc/?p=985
87 queries in 0.362 seconds.