Google Chromeは動作を停止しました Chrome 45.0.2454.85 m + Comodo

Google Chromeがバージョン45.0.2454.85 mに(自動で)アップデートされたあと、Google Chromeを作動しようとすると、なにかをする暇もなくいきなり、
Google Chromeは動作を停止しましたとChromeを作動しようとすると必ず出るようになり、Chromeを一切使う事も、アンインストール時もエラーがでてしまう始末。

原因を調べるべく、Windowsイベントビューアーにて調べようとする。

Windows 8.1の場合、WindowsキーとXを押すと、簡易メニューが表示されますので、そこから「イベント ビューアー (V)」を選択。
ドロップダウンから、
イベント ビューアー(ローカル) → Windows ログ → Application
と下がっていく。
Windows Key + X, イベントビューアー
イベント ビューアー chrome.exe エラー

(!)エラー
と赤くびっくりマークが表示されているのが、エラーが発生しているイベント情報です。複数のエラーが発生している場合、複数のエラーが表示されています。

エラーをクリックし、下に表示されるイベント情報を参照すると、

「障害が発生しているアプリケーション名: chrome.exe」
とあり、その下に私の場合は、
「障害が発生しているモジュール名: guard32.dll」
とあります。
悪さをしているのはこのguard32.dllです。

そして、このモジュールがある場所が、
「障害が発生しているモジュール パス: C:\Windows\SYSTEM32\guard32.dll」
とでるので、そこを検索してみると、何故か見つからない。guard32.dllが見つからない

みつからないので、どうしようもないので、調べてみると、
file.netのサイトにguard32.dllの事が記されており、要は

  • C:\Windows\System32のフォルダーの中に検出され、
  • Windowsのシステムファイルではなく、
  • ファイルは通常見えることはなく、
  • Windows作動時にこのファイルはロードされ、
  • Comodo Internet SecurityのComodo Firewallのファイルの一部であると。

ようするにComodo Internet Security等のComodo製のファイアウォールが問題を起こしているみたいです。

色々と調べた結果、Comodo Internet SecurityのComodo Firewallを削除するか、応急処置としてGoogle Chromeを強制終了させなく、作動するには、以下をする事をお勧めします。

Comodo Internet Securityのメイン画面を開き、Open Advanced Settings→Advanced Settings→Defense+→HIPS→HIPS Settings→Detect shell code injectionsの右にあるExclusionsをクリックし、Chrome.exeを登録すればよいだけです。

Comodo Firewall HIPS Detect shellcode injections

Comodo Firewall HIPS Detect shellcode injections (Comodo Internet Security Premium Version 8.2.0.4674; Databse Version 23167)

Comodo Firewall HIPS Detect shellcode injections exclude chrome.exe

Comodo Firewall HIPS Detect shellcode injections – Exclude chrome.exe (Comodo Internet Security Premium Version 8.2.0.4674; Databse Version 23167)

しかし、何と言っても応急処置なので、Comodo側かGoogle側が対処してくれるまでまつしかないですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

あ、気づきましたか?記事が少しでも役に立ったと思ったらシェアでもコメントでもしてみてください^^;
このページの短いURL: https://thejuraku.com/pc/?p=2147
101 queries in 0.417 seconds.