handbrakeで動画を変換したら音が割れてしまった

Handbrake便利ですよね!色々な動画フォーマットに変換してくれるので。

動画を再変換すると画像が劣化するのは周知の事実ですが、音声のパートはいじった事が無かったりします。

けど、いざプリセット(デフォルト)のまま変換すると音声がハイピッチ、ハイトーン、壊れたデジタルノイズのようになったりすることがあります。

目次

音声をパススルーする

  1. まず変換元の動画Handbrakeにセットします。
  2. Audioタブへ行き、Codecの箇所をクリックして元の音声がAACならAAC Passthruに設定します。 デフォルトではAACの音声を再変換してAAC (avcodec)となっていますが音を割りたくないならパススルーにしましょう。

  3. 赤粋のようにしておけば問題ありません。

  4. これで好きなだけエンコードしてください。

もし既にエンコードしてしまったファイルがあり、エンコード元のファイルもあるのならmkvtoolnixを使ってエンコード元の音データをエンコード先の音データと入れ替えることができますので試してみるといいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次