handbrakeで動画を変換したら音が割れてしまった

Handbrake便利ですよね!色々な動画フォーマットに変換してくれるので。

動画を再変換すると画像が劣化するのは周知の事実ですが、音声のパートはいじった事が無かったりします。

けど、いざプリセット(デフォルト)のまま変換すると音声がハイピッチ、ハイトーン、壊れたデジタルノイズのようになったりすることがあります。

音声をパススルーする

  1. まず変換元の動画Handbrakeにセットします。
  2. Audioタブへ行き、Codecの箇所をクリックして元の音声がAACならAAC Passthruに設定します。 デフォルトではAACの音声を再変換してAAC (avcodec)となっていますが音を割りたくないならパススルーにしましょう。

  3. 赤粋のようにしておけば問題ありません。

  4. これで好きなだけエンコードしてください。

もし既にエンコードしてしまったファイルがあり、エンコード元のファイルもあるのならmkvtoolnixを使ってエンコード元の音データをエンコード先の音データと入れ替えることができますので試してみるといいでしょう。

あ、気づきましたか?記事が少しでも役に立ったと思ったらシェアでもコメントでもしてみてください^^;
スポンサーリンク
このページの短いURL: https://thejuraku.com/pc/?p=5655