Handbrakeプリセットの場所

Windowsを再インストールしたり、他のPCでHandbrakeを使用する場合にいつも使っているプリセットが使えないことがある。特にEXPORTでプリセットを書き出したはいいが、Handbrakeのバージョンが違えば、IMPORTに失敗することがある。

そこで出力したプリセットファイルを使うのではなく、ユーザーディレクトリーの中にあるHandbrakeのユーザーファイルをそのまま使用することである。これはユーザーがHandbrakeを使用して作成したプリセットなどすべてのデータがそのまま格納されている。そのデーターをそのまま新しい場所へコピーしてやればプリセットがそのまま使えるようになる。これでバージョン問題もなくなるはず。

ユーザーデーターが格納されている場所

Windows

Windows 7、8.x、10

C:\Users\<username>\AppData\Roaming\HandBrake
もしくは 
C:\Users\<username>\AppData\Local\HandBrake

Windows Vista

C:\Users\<username>\Application Data\HandBrake
もしくは
C:\Users\<username>\Local Settings\Application Data\HandBrake

Windows 2000 / Windows XP

C:\Documents and Settings\<username>\Application Data\HandBrake 
もしくは
C:\Documents and Settings\<username>\Local Settings\Application Data\HandBrake

Mac

/Users/<YourHomeDirectory>/Library/Application Support/HandBrake/UserPresets.plist

Linux

~/.config/ghb/presets
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

あ、気づきましたか?記事が少しでも役に立ったと思ったらシェアでもコメントでもしてみてください^^;
このページの短いURL: https://thejuraku.com/pc/?p=3936