HP Compaq NW8240 + Windows 10

スポンサーリンク

シェアする

5時間かかりました。

インストール開始からWindows 10のデスクトップを拝めるまでに。

当時発売されたときはノートパソコンでの最新鋭機、値段にして$4000以上しましたが、今では見る影もありませんね。

スペックは以下です。

  • OS: WindowsXP Professional x32
  • CPU: Intel Pentium M 780 (Dothan 90nm Technology)
  • RAM: 2.00GB Dual-Channel DDR2 @ 265MHz (4-4-4-12)
  • MB: Hewlett-Packard 0940 (U10)
  • VGA: Standard Monitor (1920×1080@32Hz);
    ATI Microsoft Basic Display Adapter (HP)
  • HDD: 74GB Hitachi HTS721080G9AT00 ATA Device (ATA)
  • ODD: MATSHITA DVD-RAM UJ-832S ATA Device
  • Audio: SoundMAX Integrated Digital Audio

ちなみにPentium M 780のPassmarkの数値は509です。

教訓:(古い)PCにインストールされている以上の新しいWindowsはインストールしない方が良い。

Windows 7からWindows 10にアップグレードするためにほぼまっさらなWindows 7を用意しましたが、Windows 10へとOSを入れ替えても基本的にもっさり勘は否めません。

Windows XP, Windows 7, Windows 10のインストール時の違い

HP Compaq NW8240のOSの経緯:Windows XP(元OS)→Windows 7(新規インストール)→Windows 10 (アップグレード)

もともと購入時は、当時購入できる最高級のWindowsノートPCでした。また、3D CADを使うために購入したためCADに最適化したものだったため購入額はゆうに$4000.00は超えていました。当時としては最高に早いPCだと思っていましたが、今では骨董品です。

さて、その後Windows 7を新規インストールしましたがドライバーが色々と足りなかったり揃えるのに苦労しました。ドライバーを入れたおかげで多少はもっさり勘がなくなりましたがWindows 7はやはり重い。実はNW8240は物理的な重量も相当重い。

Windows 10へアップグレードする時、0x80072f8f0xc1900208のエラーのせいで1日がかりになりました。問題の所在が判明すれば対処は簡単でしたが、それ以外にも当時は早かったNW8240も現在のCPU等と比べると非常に遅く、Windows 10 アップグレードアシスタントがWindows 7上でWindows 10のダウンロード及びインストールに要した時間は4時間。その後、再起動を繰り返しながらWindows 10のデスクトップを拝めるまでに1時間の計5時間。

4年前のPCのスペックであるIntel Core i7-3770+普通のSSD+16GBで行った場合は1時間前後で済みます。ちなみにCore i7-3770のpassmarkスコアは現在は9300程度なのでPentium M780と比べるとCPUだけの速度では約18倍程度早い。もちろんSSDと古い7200 RPMのHDDとの差もありますが。

さて、Windows 10は面白いことにWindows 7の頃と比べるとドライバーの数と成熟度が大幅にアップしているので、Windows 7では不明なドライバーがわんさかと有りましたが、Windows 10では一つも不明なドライバーはなかったのが面白かった。

備考

HP Compaq NW8240(日本語サイト)- 日本HPではPentium M 770までしか扱っていなかったみたいだ。

あ、気づきましたか?記事が少しでも役に立ったと思ったらシェアでもコメントでもしてみてください^^;
このページの短いURL: https://thejuraku.com/pc/?p=5361
91 queries in 0.259 seconds.