IP電話/VoIPの違い

一般的なVoIP機器

ネットワークカメラと同様、一般的なVoIP機器(写真右)普通のUSB電話として売られているものはUSB接続のウェブカメラと同様USB接続の受話器やらUSB接続の電話の事を指しており、スカイプやMSNメッセンジャー、Yahooメッセンジャー等で使用する機器の事を指している。

USB接続のウェブカメラ等と同様に、
IPアドレス等は付与されまない。

IP電話

正式なIP電話として売られている機器はIP電話が電源をいれて作動する時にディスプレイにIPアドレスが表示されるはずです。しかし、ディスプレイが無い機種の場合は、電話のボタンを数か所、たとえば「*80」とかいう風に押すと受話器よりIPアドレスが聞こえます。(注:「*80」は、Cisco/LinksysのVoIPアダプターより参考にしたものですのでどのIP電話でも使えるわけでは有りません。詳しくはユーザーマニュアル、メーカー、及びインターネットで情報を探して下さい。)

IP電話 SIP-2100PSANYO SIP-2100PのIP電話(写真左)の場合はIPアドレスをブラウザーのアドレス覧に入力するとウェブ設定画面に行きますのでそこから設定することになります。なお、IP電話機側からでも設定は一応できます。

IPアドレス等は付与される。

あ、気づきましたか?記事が少しでも役に立ったと思ったらシェアでもコメントでもしてみてください^^;
このページの短いURL: https://thejuraku.com/pc/?p=306
82 queries in 0.287 seconds.