https://thejuraku.com/pc/?p=4544

iSpy 6.6.3.0に更新したらCPU利用率が跳ね上がる

iSpyは色々なネットワークカメラなどを総合的に管理し、録画などを行える多機能のソフトです。基本的に一般ユーザーが使うだろうと予想される機能は全て無料であり、広告なども出ない。

iSpy 6.6.3.0にアップデートしたらCPU使用率が100%近くまで上がる

先ほどiSpy 6.5.8.0からiSpy 6.6.3.0にアップデートし、作動させると今まで25%くらいしか使われていなかったCPU使用率が70%~100%まで常に上がってしまった。環境は全て同じ。

仕方なく前のバージョンをダウンロードし、インストールしようとすると、0x80070666というエラーがでて、新しいバージョンに古いバージョンをアップデートはできませんよと怒られる。

仕方なく、現在のiSpy 6.6.3.0をアンインストールし、ダウンロードしたiSpy 6.5.8.0をインストールしなおしたらCPU利用率がすぐに下がった。

解決策

問題点はiSpyのソフトウェアに起因していたが、現在ダウンロードできるiSpy 64 v7.1.8.0にアップデートすればCPU使用率が跳ね上がる事もなく通常のCPU利用率内で収まる。

あ、気づきましたか?記事が少しでも役に立ったと思ったらシェアでもコメントでもしてみてください^^;
Sponsored Links
このページの短いURL: https://thejuraku.com/pc/?p=4544