LANケーブルの100MBit/sと1000MBit/s

コンピューター・ネットワーキングにおいてファースト・イーサネットとは100 Mbit/sにて信号を伝送イーサネットの技術の事をいう。このファースト・イーサネットにおいて現在主流で使われているのが100BASE-TXという規格であり、PoEにおいても100 Mbit/sの伝送技術を用いる場合はこの規格を用いる。また、PoEを使うにおいて1000 Mbit/sの規格にてを扱う場合、1000BASE-Tという規格を使用する。両技術ともに銅線を使用している。

100 Mbit/sの規格には他に、銅線を用いる100BASE-TXから始まり、100BASE-T4, 100BASE-T2。また、ファーバーを用いる100BASE-FX, 100BASE-SX, 100BASE-BXなどがある。

1000 Mbit/sの規格には、銅線を用いる1000BASE-CX, 1000BASE-T, 1000BASE-TXがある。また、ファイバーを用いる1000BASE-SX, 1000BASE-LX, 1000BASE-LH, 1000BASE-ZX, 1000BASE-LX10, 1000BASE-BX10がある。

銅線を用いたワイヤリングにて必要な芯と対
規格 必要な対(ペア) 10M 100M 1000M 備考
10 BASE-T 2 (1/2 と 3/6) ×
100 BASE-TX 2 (1/2 と 3/6) ×
100 BASE-T4 4 (1/2, 3/6, 4/5 と 7/8) 8芯4対全てを使う。
1000 BASE-T 4 (1/2, 3/6, 4/5 と 7/8) 8芯4対全てを使う。100BASE-T4 と 同じ。
あ、気づきましたか?記事が少しでも役に立ったと思ったらシェアでもコメントでもしてみてください^^;
このページの短いURL: https://thejuraku.com/pc/?p=178
80 queries in 0.228 seconds.