PoEの使用方法 / 無線LANアクセスポイントの違い

今では誰もが欠かせないインターネットを家やカフェや学校などで場所を選ばずに使用しようというのが無線LAN。上記のネットワークカメラとIP電話との違いは無線LANアクセスポイントはどの電気店の店員でもウェブカメラとネットワークカメラを間違えるような事はしません。っというよりは間違えることができないのです。それはUSB接続でパソコンにつなぐというよりは、スイッチやルーターにつなぐという性質の機器だからです。

パソコンにつなぐ無線LANの製品とは無線LAN子機というものであり、これはUSB接続(外付け)やパソコンの内部に組み込まれているものです。

何年も前にある大学の構内に設置されていた無線LANアクセスポイントはBuffalo社製のWLAシリーズ(写真の白い機器)wla2-g54と同型か外観が同じ後継機でしょう。多分これと同じようなものを学校や企業で見かけた事がある人は多いはずです。しかし、これらはPoEに対応しておらず、設置場所に電源を確保しなければならなかったりと面倒でした。そこで登場したのが、前述したPoEインジェクターというものをBuffalo社は発売し、電源設備がない遠隔地(スイッチから100M以内)に設置可能としたのです。bhr-4grv

一般的な無線LAN親機やアクセスポイントはPoE対応であってもなくても設定は変わりません。最初からPoE対応型の場合は企業用という製品を前提としていることが多いので付属ソフトウェアに管理者用の管理ソフトが付属していたり、その機器をさらに便利に運用するためにはそのソフトを使う必要があったりとする事くらいでしょう。右の黒い機器の写真は最近の無線LAN親機です。ちょっと前の無線LAN親機と比べるとコンパクトになりカバーするエリアも無線LANの速度も時代の進歩とともに向上しています。WN-G54/R3 PoE

左の無線LANアクセスポイント(GW-AP54P)はPoE対応のIEEE 802.3af規格準拠として2007年に発売されたものです。大体のIEEE 802.3af対応の無線LANアクセスポイントはDC48V/0.2Aが大体です。なお、LANポートはIEEE 802.3af規格の場合10/100MiBがほとんどであり、無線LANの規格もIEEE802.11b/gもしくはIEEE802.11a/b/g対応がほとんどで消費電力が多いIEEE802.11nの規格には対応していません。

あ、気づきましたか?記事が少しでも役に立ったと思ったらシェアでもコメントでもしてみてください^^;
このページの短いURL: https://thejuraku.com/pc/?p=314
81 queries in 0.215 seconds.