PoEを箱を開ければ直ぐに使えるセット

箱を開ければ直ぐに使えるセット

ロジテック LAN-POEKIT12

IEEE802.3af準拠 ネットワークカメラ用 PoE受電アダプタ+PoE給電アダプタ(セットモデル)

Logitec_LANPOESetロジテック製 ネットワークカメラ 「LAN-WC30/PT」と「LAN-NC30/PT」の為のPoE受電アダプタ+PoE給電アダプタのセットです。しかし、受電アダプタから出力される電圧はDC+12V/1A(MAX)であり、PoE非対応の機器で入力DC+12V/1A MAXが問題なければ使える可能性がありますがメーカーが非推奨の組み合わせは自己責任にて行って下さい。

ディーリンクジャパン DWL-P200

Power over Ethernetアダプター(受給電アダプタのセット)

D-Link Japanのルーターやネットワークカメラの為のPoE給電・受電アダプタのセットです。D-Link DWL-P200

下記はメーカーサイトよりのDWL-P200のスペックです。

スペック
PoE使用時のピン方式 データ: 1,2,3,6 / 電源: 4,5,7,8 / PoE タイプB方式
LEDs 電源 (ベースユニット) & (ターミナルユニット)
電圧 (パワーサプライ) 入力: 100-240V AC, 50/60Hz
出力: 48V DC, 400mA
電圧 (ベース & ターミナル・ユニット) ベース・ユニット・入力: 48V DC, 400mA
ターミナル・ユニット・出力: 5V DC/2.5A 又は 12V DC/1A
動作可能温度 動作時: 32-104°F (0-40°C)
動作可能湿度 動作時: 10%-80%(結露無き場合)
認証/Certifications FCC Class B, CE, C-Tick
大きさ LxWxH = 52×80.9x28mm
メーカー動作保障機器:ルーター DIR-685、DIR-825、DIR-628、DGL-4500、DIR-615、DIR-855、DIR-655、WBR-2310、WBR-1310
メーカー動作保障機器:ネットワークカメラ DCS-910、DCS-920、DCL-5220、DCS-3420DCS-6620、DCS-5300

安いけど自分で作らなければいけないセット

PoE LANケーブル電源供給基盤キット

PoEPrintedWiredBoardKitタイトルの名前とおり、基盤のセットであって、箱を空けたらつないで直ぐに使えるセットではありません。しかし、自分で作りながらも、給電側と受電側がちゃんとあり、通常の10/100MBいtの通信速度でPoE(IEEE802.3af)のオルタナティブB準拠と思えば安上がりである一品です。

まずこのキットの良いところといえば、1.安い!1500円ほど。自分で何をやっているのかがわかっていればこれほど良いものはない。

PoEPrintedWiredBoardKit2マイナス点をしいてあげれば、1.自分で作らなければならない、2.基盤を組み込む箱も自作、3.PoEの企画であるIEEE802.3afに完全に準拠していないという事、4.保障がなく、何が壊れても自己責任。
っとこんなかんじだろうか。

ま、良い点は安さ一点という事で悪い点は結構ありますが、メーカーものを1万円以上から数万円かけて必要でなければ1500円ほど+自分の時間で安く仕上げられるのなら個人的にはかなり良いと思います。ただ、問題点というか、これを買う人はそれなりにPoEの事が解っている人限定ですね。

備考として、入力電圧はPoEのIEEE802.3afの企画ではDC48V 15.4Wでありますが、もともと、PoE非準拠の機器をPoEに対応させるような仕組みなのでDC12Vであっても使い方次第です。詳しくはメーカーHPをご覧下さい。

あ、気づきましたか?記事が少しでも役に立ったと思ったらシェアでもコメントでもしてみてください^^;
このページの短いURL: https://thejuraku.com/pc/?p=224