Simple 301 Redirectsのデータベースの場所

Simple 301 RedirectsはURL内のリクエストに対して簡単に他のURLへ転送する為に使用される。

Simple 301 Redirects

SQL内のデータの場所

テーブル名:wp_options

option_name:301_redirects

option_value:(個人による)

及び

テーブル名:wp_options

option_name:301_redirects_wildcard

option_value:(個人による)true | false

データの場所

phpmyadmin内にて該当データベースをクリック後、以下をSQLに入力すれば一発で場所を特定できる。

SELECT * FROM wp_options WHERE option_name = '301_redirects';

及び

SELECT * FROM wp_options WHERE option_name = '301_redirects_wildcard';

テーブル名の箇所は自分のテーブル名のプレフィックスに合わせること。

テーブル名のプレフィックス=wp_ から始まる部分。変更している場合は違うものになっているはずなので。変更した覚えがない場合はそのままwp_のままのはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

あ、気づきましたか?記事が少しでも役に立ったと思ったらシェアでもコメントでもしてみてください^^;
このページの短いURL: https://thejuraku.com/pc/?p=3939