VHDファイルをWindows XPでマウントして使う

Sponsored Links

Share

VHD形式のファイルはVirtualPCやVirtualBoxのバーチャルマシンが生成し、その中でしか使えない。

しかし、Windows Vistaから直接VHDファイルをマウントし、中身を見たり弄ったりすることが出来るようになった。

もし、ごく普通に行うのであればWindows XPのユーザーは今まで通りVirtualPCやVirtualBoxでなにかしらのOSをバーチャルマシンにインストールし、そこに2代目のHDDとしてマウントするしかない。でも、これでは意味がないし、バーチャルマシンから共有フォルダを作成、そこからファイルのやり取りをしたりとPCのリソースを無駄に使うことになってしまう。

それを解消するのが、Microsoft Virtual Server 2005に付属するVHDをマウントするコマンドラインである。


まずはVirtual Server 2005をダウンロードする

Virtual Server 2005 R2 Enterprise Edition

Virtual Server 2005 R2 Enterprise Edition

Virtual Server 2005 R2 Enterprise Edition - 03

Virtual Server 2005 R2 Enterprise Edition - 03

カスタムインストールを選択

Virtual Server 2005 R2 Enterprise Edition - 03

Virtual Server 2005 R2 Enterprise Edition - 03

VHD Mount以外のチェックを外す。

Virtual Server 2005 R2 Enterprise Edition - 03

Virtual Server 2005 R2 Enterprise Edition - 03

Virtual Server 2005 R2 Enterprise Edition - 03

Virtual Server 2005 R2 Enterprise Edition - 03

以上でVHD Mountのツールを使用する準備が整った。


使い方は以下の通り

vhdmount /p /f <VHDファイルへのパス>

VHD Mountは C:\Program Files\Microsoft Virtual Server\Vhdmount のフォルダーの中にあるのでコマンドラインからそこまで行く。

次に、マウントしたいVHDファイルのパスを覚えておく。マウントしたいVHDファイルのフォルダーを開いておいてカット&ペーストがやりやすいでしょう。

もし、マウントしたいVHDファイルが D:\VirtualBox\w98-xp-vista.vhd にあるなら以下の様にコマンドラインで入力する

コマンドライン vhdmount


もし、バーチャルマシン等で試用中の場合は以下のようなエラーになるので、マウントしたいVHDファイルはバーチャルマシンを終了しておくように。

コマンドライン vhdmount


マウントしたVHDファイルをアンマウント(解除)したいのなら以下のように行う。

vhdmount /u <VHDファイルへのパス>
あ、気づきましたか?記事が少しでも役に立ったと思ったらシェアでもコメントでもしてみてください^^;
このページの短いURL: https://thejuraku.com/pc/?p=1122
88 queries in 0.182 seconds.