VHDファイルをWindows XPでマウントして使う

VHD形式のファイルはVirtualPCやVirtualBoxのバーチャルマシンが生成し、その中でしか使えない。

しかし、Windows Vistaから直接VHDファイルをマウントし、中身を見たり弄ったりすることが出来るようになった。

もし、ごく普通に行うのであればWindows XPのユーザーは今まで通りVirtualPCやVirtualBoxでなにかしらのOSをバーチャルマシンにインストールし、そこに2代目のHDDとしてマウントするしかない。でも、これでは意味がないし、バーチャルマシンから共有フォルダを作成、そこからファイルのやり取りをしたりとPCのリソースを無駄に使うことになってしまう。

それを解消するのが、Microsoft Virtual Server 2005に付属するVHDをマウントするコマンドラインである。


まずはVirtual Server 2005をダウンロードする

http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=2994

Virtual Server 2005 R2 Enterprise Edition

Virtual Server 2005 R2 Enterprise Edition

Virtual Server 2005 R2 Enterprise Edition - 03

Virtual Server 2005 R2 Enterprise Edition - 03

カスタムインストールを選択

Virtual Server 2005 R2 Enterprise Edition - 03

Virtual Server 2005 R2 Enterprise Edition - 03

VHD Mount以外のチェックを外す。

Virtual Server 2005 R2 Enterprise Edition - 03

Virtual Server 2005 R2 Enterprise Edition - 03

Virtual Server 2005 R2 Enterprise Edition - 03

Virtual Server 2005 R2 Enterprise Edition - 03

以上でVHD Mountのツールを使用する準備が整った。


使い方は以下の通り

vhdmount /p /f <VHDファイルへのパス>

VHD Mountは C:\Program Files\Microsoft Virtual Server\Vhdmount のフォルダーの中にあるのでコマンドラインからそこまで行く。

次に、マウントしたいVHDファイルのパスを覚えておく。マウントしたいVHDファイルのフォルダーを開いておいてカット&ペーストがやりやすいでしょう。

もし、マウントしたいVHDファイルが D:\VirtualBox\w98-xp-vista.vhd にあるなら以下の様にコマンドラインで入力する

コマンドライン vhdmount


もし、バーチャルマシン等で試用中の場合は以下のようなエラーになるので、マウントしたいVHDファイルはバーチャルマシンを終了しておくように。

コマンドライン vhdmount


マウントしたVHDファイルをアンマウント(解除)したいのなら以下のように行う。

vhdmount /u <VHDファイルへのパス>
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる