VirtualBoxでLinux Mint 13をインストールしてみた(日本語化はほぼ完璧)

Linux Mint 13がリリースされたのでVirtualBoxを使ってインストールしてみた。以下はLinux Mint 13 Mateについてです。Cinammonも大体同じでしょう。

インストール時の言語は「日本語」としてみたがLinux Mint 12と比べると日本語化も前よりよくなっていた。しかし、コントロール・センターやら色々と開いてみると未だに完全に日本語化されておらず、ところどころ英語のままになっていたりした。

インストール後のシステムのアップデート

WindowsでもLinux系PCでも最近のは新しいOSをリリース後直ぐにインストールしたからといって別にアップデートするものがないわけではないのでアップデートの為に以下を実行。

上記をすると、70MB位のパッケージをダウンロードする必要があると言われ、迷わずOKと。でも、終わってみると保留が3個。なので、最後のdist-upgradeでその保留をアップデートさせてあげる。

次に、Linux Mint 12を日本語化させた時みたいに同じ方法で日本語化させる。

ちなみに、このパッケージの元は

そしてまた端末で以下を入力

もしまた保留があれば以下を端末で続いて入力

Linux Mint 12の時は結局このUbuntuのリポジトリがなければ日本語化できなかったが、今回のLinux Mint 13はこのUbuntu 12.04 LTSのリポジトリがあってもなくてもあまり変わらないみたいだ。唯一変わったことをすぐに確認できるのは「コントロール・センター」の左側ペインがほんのちょっとだけ更に日本語化されたことみたいだ。


以下はVirtualBox 4.1.16r78094にてLinux Mint 13をインストールしてみた時の画面集です。

Linux Mint 13Linux Mint 13Linux Mint 13Linux Mint 13Linux Mint 13Linux Mint 13Linux Mint 13Linux Mint 13Linux Mint 13Linux Mint 13Linux Mint 13Linux Mint 13Linux Mint 13

Linux Mint 13

ここでダウンロードしておいたLinux Mint 13 MateのISOを選択。

Linux Mint 13Linux Mint 13

Linux Mint 13

初期作動画面

Linux Mint 13

Linux Mint 13

作動中になんかエラーがでた「25.681975 piix4_smbus 0000:00:07.0: SMBus base address uninitiated – upgrade BIOS or use force_addr=0xaddr」

Linux Mint 13

ちょっとしたらまたエラーが。「34.524204 intel8x0: measure – unreliable DMA position..uninitialized – upgrade BIOS or use force_addr=0xaddr 34.884201 intel 8×0: measure – unreliable DMA position.」

Linux Mint 13

デスクトップ作動中・・・

Linux Mint 13Linux Mint 13Linux Mint 13Linux Mint 13Linux Mint 13Linux Mint 13Linux Mint 13Linux Mint 13Linux Mint 13Linux Mint 13Linux Mint 13

Linux Mint 13

日本語でインストールを選択したので、日本語の言語パッケージをダウンロードしている途中。以外と時間がかかる。

Linux Mint 13Linux Mint 13Linux Mint 13

Linux Mint 13

再起動後の最初の画面:ログイン画面

Linux Mint 13

ログイン時、セッションで使用する言語の選択画面

Linux Mint 13

セッション中に使うデスクトップを選択。初期で3つしか無い。1.Xクライアントのスクリプト作動 2.MATE 3.セキュアなリモート接続

Linux Mint 13

Linux Mint 13

始めてのLinux Mint 13 Mateのデスクトップ

Linux Mint 13

Linux Mint 13 Mateのセッションだとこのデスクトップになる。Cinnamonタイプのデスクトップが好きな人もいれば、Mateタイプのが好きな人もいる。

Linux Mint 13

「コントロール・センター」 まだ、完全に日本語化はされていない様子。

Linux Mint 13Linux Mint 13

Linux Mint 13

粗探しではないが、「ファイアウォール」の設定画面。微妙に日本語化されておらず。

Linux Mint 13

「言語サポート」の設定画面は完全に日本語化されている。

Linux Mint 13

Linux Mint 13

追加のドライバーの初期画面。「コントロール・センター」から「Additional Drivers」を選択すると、これになる。

Linux Mint 13

まだところどころ英語のまま。

Linux Mint 13Linux Mint 13Linux Mint 13Linux Mint 13Linux Mint 13Linux Mint 13

Linux Mint 13

英語のダイアログ設定やボタン設定のまま、日本語化すると、日本語の文字列がボタンからはみ出しているのが分かる。今後の調整に期待ですね。

Linux Mint 13

APTonCDはまだまったく日本語化されていない。

Linux Mint 13Linux Mint 13Linux Mint 13Linux Mint 13Linux Mint 13Linux Mint 13Linux Mint 13

Linux Mint 13

まだ英語のまんまの「IcedTea Web Control Panel」

Linux Mint 13

Linux Mint 13

初期でインストールされているFirefoxは安定版である12.0がインストールされている。

Linux Mint 13

セッションに「Cinnamon」とかをインストールするとこんなに増える。

Linux Mint 13

「Cinnamon」のセッションを選択した時のデスクトップ画面。

Linux Mint 13

Linux Mint 13

セッションから「ubuntu」を選択するとエラーになってしまう。

Linux Mint 13

同様に「ubuntu-2d」を選択すると、エラーになる。

Linux Mint 13

Linux Mint 13

セッションを複数インストールするとアップデートする項目があるみたいだ。

Linux Mint 13

例のUbuntu 12.04 LTSのリポジトリをインストールしたあと、再起動したらちょっとだけ更に日本語化されてた(左側の箇所)。更に、別に要らない「Ubuntu One」が勝手にインストールされてた。

更新履歴

  • 2012/05/30 – 初期版
  • 2016/08/08 – 誤字脱字などの修正
あ、気づきましたか?記事が少しでも役に立ったと思ったらシェアでもコメントでもしてみてください^^;
このページの短いURL: https://thejuraku.com/pc/?p=1051
114 queries in 0.664 seconds.