VirtualBoxアップグレードができない問題

VirtualBoxを使い続けているとたまに発生する問題が、アップグレードできなくなる問題です。アップグレードできないのはVirtualBox内のOSやアプリケーションではなく、VirtualBox自体のアップグレードについてです。

発生する問題

  1. サンプルで使用しているアップグレード前の現在使用しているVirtualBoxのバージョンは5.2.8 r121009になります。

  2. ここでアップグレードがあるよ!ってVirtualBoxに言われて新しいVirtualBoxをダウンロードしてアップグレードを始めます。ここでのアップグレードするVirtualBoxのバージョンは5.2.24になります。

  3. ちょっと進んでさぁインストール開始です!って思っているといきなりエラーが表示されます。このエラーでは、「VirtualBox-5.2.8-r121009-MultiArch_amd64.msi」というファイルが見つからないので左記に進めませんと出てきます。

この問題は、何かしらの理由でインストールしてあるVirtualBox バージョン5.2.8のインストール用MSIが必要なのですが、5.2.24のインストーラが本来あると思っている場所からは見つけることができないという問題が発生しています。

解決法は結構簡単です。

  1. 現在インストールしてあるVirtualBox 5.2.8をアンインストールするか、
  2. 必要としている「VirtualBox-5.2.8-r121009-MultiArch_amd64.msi」のMSIをインストーラーに提供してあげるしかありません。

残念ながらアンインストールする時にも「VirtualBox-5.2.8-r121009-MultiArch_amd64.msi」のファイルが必要になってきてしまいます。

ならば、VirtualBox 5.2.8のインストーラーファイルをダウンロードしてインストーラーの中にあるMSIを出してしまえばいいだけの事。

VirtualBoxのサーバーから過去バージョンをダウンロードする

  1. Google等で「VirtualBox 5.2.8 download」と検索すると大体一番最初に画像の様な検索結果が出てきます。

  2. 問題が出ているのがWindowsでなのでWindows用のインストーラーパッケージを探し出し、クリックしてダウンロードする。

  3. ここでVirtualBox 5.2.24のインストーラーがまだ作動中の場合は閉じておこう。

  4. インストーラーを閉じるときに驚きのエラーが出るが構わずOK。

  5. さて、ダウンロードしたVirtualBox 5.2.8のインストーラーを作動するが、NEXTをクリックせずにこの画面のままにしておく。

  6. ここでエクスプローラーから画像の場所に行こう。「C:\Users\ユーザーネーム\AppData\Local\Temp\VirtualBox\」というところです。「ユーザーネーム」の箇所は現在の自分のユーザーネームになるが、わからない場合は「%userprofile%」とエクスプローラーで打てば自分のユーザーネームがわかります。そのまま、AppData\Local\Temp\VirtualBox\にクリックして行ってもOKですが、AppData自体が隠しファイルになっていますので隠しファイルを見える状態にしていない場合はクリックしていくことはできません。

  7. 上記のエクスプローラーの画面内のファイル、「VirtualBox-5.2.8-r121009-MultiArch_amd64.msi」と「common.cab」をデスクトップにでもコピーしておきましょう。このコピーしたファイルを先ほど5.2.24のインストーラーに怒られたところでデスクトップにあるよ!って示してあげればよいだけです。
  8. ここで、5.2.8のインストーラーをCANCELしましょう。

  9. もちろんYESをクリックしてキャンセルです。

  10. FINISH。

再度VirtualBox 5.2.24のセットアップを開始する

  1. NEXTをクリック

  2. ここで先ほど送られたダイアログが出てきました。しかし、ここで「BROWSE」をクリック。

  3. 先ほどコピーした例のファイルを選択し、「開く」をクリック。

  4. すると、先ほどのファイルが「Use source:」に表示されていますのでOKをクリックして進みましょう。

    ダイアログの意味
    「The feature you are trying to use is on a network resource that is unavailable.」
    簡単に言うと「必要としているファイルが見つかりません」を難しい感じで行っているだけにすぎません。

    「Click OK to try again, or enter an alternate path to a folder containing the installation package “VirtualBox-5.2.8-r121009-MultiArch_amd64.msi” in the box below:」
    再度試してみるにはOKをクリックしてみてね。又は、”VirtualBox-5.2.8-r121009-MultiArch_amd64.msi”があるところを書きのボックスに指定してください。と書かれています。

    実際にここでは”VirtualBox-5.2.8-r121009-MultiArch_amd64.msi”があるところを探し出し解決します。

  5. 本来とは違い場所からの選択なのかわかりませんが、パーミッション(許可)を求めてきますので許可する為に「Continue」をクリック。

  6. そしてすぐに5.2.24のインストールが終了します。

  7. インストール後、VirtualBoxについてを調べるとしっかりと5.2.24にアップグレードされているのがわかります。

備考

ここでのサンプルではVirtualBox 5.2.8からVirtualBox 5.2.24にアップグレードしようとしている時に問題がおきているとして説明していますが、アップグレード前(5.2.8)とアップグレードしたいバージョン(5.2.24)はもちろんユーザーによって異なりますのでそこは皆さんの環境に合わしてください。

なお、上記ではVirtualBox 5.2.8をアンインストールせずに5.2.24にアップグレードしていますが、この問題を解決する為には基本的に5.2.8を再度インストールしなおしたりする方法 → 5.2.8をアンインストールして → 5.2.24をインストールするという方法も取れます。

後はこの方法はVirtualBox以外でも以外とおこったりしますのでインストールファイルの一時ファイルがどこにファイルを保管しているか等を知っておくのも管理者としも、一般ユーザーとしても便利です。

ちなみに、上記の問題を実際に解決するための時間は5分とかかりませんが、記事を書くのは何倍もかかりますね。そのうちもっと作業効率の良い方法が開発されるのでしょうか。

あ、気づきましたか?記事が少しでも役に立ったと思ったらシェアでもコメントでもしてみてください^^;
スポンサーリンク
このページの短いURL: https://thejuraku.com/pc/?p=6843