Windows 10にアップグレード時によくあるトラブル(セキュリティーソフト編)

ちょっと前にWindows 10への締め切り前アップグレードをリモートでテストしていましたが、なんと!アップグレード後に何故かLANケーブルが刺さっているにもかかわらず、通信できない状態になっていました。

この問題の対象者

  • Windows 10にアップグレードしちゃった直後の人
    • Windows 7やWindows 8からWindows 10にアップグレードした人でセキュリティーソフトをそのままアンインストールせずにアップグレードしちゃったりした人はアップグレード直後にインターネット(及び他の通信モデュール(Blutoothとか)につながらない現象が起きたりします。もちろん同じ環境でも同じことが起きるとは限りませんけど。
  • アンチウイルスやインターネットセキュリティー用のソフトを使っている人(主にファイアウォール関係)
    • Comodo Internet Security
    • 他のインターネットセキュリティースイート(マカフィー、ESETなどの全部入りパッケージ)
    • セキュリティーソフトを最新の状態に更新しないままWindows 10へアップグレードしちゃった人

この問題の対象者ではない人

  • ノーガード戦法の人(セキュリティーソフト使っていない人)

問題の解決策

こちらの環境ではComodo Internet Security SuiteのFirewallの機能が悪さをしていましたが念のために以下をチェックしてみてください。

  • 有線で接続している場合はLANケーブルの抜き差しを両側から行ってください。両側とは、PC側及びLANスイッチかルーターに繋がっているところを抜き差しすること。
  • 無線LANの場合、物理的に無線LANのオン・オフができる場合はオンオフの切り替えでオンにしてください。
  • 上記の有線・無線LAN問わずイーサネットの状態が「無効(Disabled)」になっている場合がありますのでそれを「有効(Enabled)」にしてください。
  • デバイスマネージャーでネットワークアダプターが無効化されていないかチェックしてください。無効化されていない場合は有効化すること。
    • ネットワークアダプターもできれば最新の状態にすること。Windowsを購入時のまま古いデバイスドライバーのソフトを使っていて、Windows 10にアップグレード時に本来は一番最新のWindows 10に互換性のあるドライバーに入れ替わっているはずが古いWindows 10以外のドライバーがそのまま残っていたりしてそれがネットワークアダプターを使えなくしている可能性もあるので。

もし上記を試して正常に通信が出来ればすぐに問題が解決してよかったです。

しかし、解決しない場合はセキュリティーソフトを疑ってください。Windows自体が持っている問題解決をする「問題のトラブルシューティング」は役に立ったことがないので意味がありません。

セキュリティーソフトをオフにできる場合は全部オフにしてみてください。それで解決すればセキュリティーソフトが問題ですのでセキュリティーソフトに問題解決のボタンがあればクリックして自分で修正してもらいましょう。

ダメな場合はそのセキュリティーソフトをアンインストールし、最新版を出来ればインストールし直すこと。

Comodo Internet Security Premiumの場合その1

Windows 10にアップグレード後、様々なチェックを行い最後に残ったのがセキュリティーソフトだった。本来下記画像の赤いところは緑色でSecureと書かれているはずが、問題がある場合は「At Risk」と書かれているのでその隣にある「FIX IT!」をクリックしたらインターネットが使える様になった。

「FIX IT!」をクリック。

問題解決のためにセキュリティーソフトが自分を診断している。

診断した結果、何か悪い事が見つかったが自分で治すことが出来なかった。と表示されているが以外と治っていた。

Comodo Internet Security Premiumの場合その2

Comodo Internet Security Premiumを最新の状態に更新しないでWindows 10にアップグレードした場合、通信機能が全て機能しない状態=インターネットにつながらない&Blutoothが使えないなどが起こります。

アップグレード後にComodo Internet Security Premiumにてその1の項目と同じようにFIX IT!をやろうとしてもComodo Internet Security Premiumはインストールはされているが動作不良で昨日していない状態になっていた。従ってそういうときはアンインストールすることしか方法はないので、Comodo Internet Security Premiumをアンインストールし、再起動をしたところ全ての通信ができるようになった。

その後、Comodo Internet Security Premiumを再度インストールし直したが、通信環境は問題なく動作している。

総評

今回はこれで問題が解決したので良かったが、違うセキュリティーソフトを使っていて同様のことが絶対起きないとは限らないのでいつもはインターネットに接続できたのに今は全くつながらないなどそういうときはセキュリティーソフトを疑ってかかった方が良いでしょう。

また、当時Windows 7からWindows 10 Anniversary Updateにアップグレードした時に同じくComodo Internet Security Premiumはインストールしてあったのだがその時には今回の様に通信機能が損なわれる問題は起こらなかった。ただ、Comodo Internet Security PremiumもWindows 10も当時の状況から1年以上が経過しており、両方共大幅な改善がソフト面でなされているのでどちらが問題かは検証はしていないので特定しにくいのでやはりアップグレードというOS面に大幅な変更を用いる時はアンチウイルスソフトやセキュリティーソフトの類は全てアンインストールしてあった方があとあと問題も起きにくいしアップグレード中も不必要なアンチウイルスによるスキャンも防げて良いかもしない。ただし、アップグレード中にウイルスに感染しない可能性は否定できない。(10年以上前のWindows XPインストール時にインターネットに繋いだままの時にCode Redに感染したりしたのは今思えば懐かしい。)

あ、気づきましたか?記事が少しでも役に立ったと思ったらシェアでもコメントでもしてみてください^^;
このページの短いURL: https://thejuraku.com/pc/?p=5277