Windows 8の様々なエディション (CP, Consumer Preview)

Sponsored Links

Share

Windows 8の発売は未だ決まっていないけど、どういうエディションが出るのか気になる。

Windows 7ではHome Premium, Professional, Ultimate, Enterprise, Starter, Home BasicとNとNKエディションがあります。Home Premium、ProfessionalとUltimateは店頭で買えますが、Enterpriseは企業向け、そしてStarterとHome BasicはPC購入と同時にプリインストールされているモデルとなっています。

Windows 8ではこの同じコンセプトが使われるのかどうかわかりませんが、Windows 8 Consumer Previewのレジストリーを見るかぎり同じような構成になる可能性があります

Windows 8 CPのレジストリーで確認する方法

Windowsキー+Rで「ファイル名を指定して実行」のダイアログを出し、REGEDITと入力しENTERを押す。

レジストリーエディターが出てきたら以下まで進む

HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Component Based Servicing\PackageIndex\Product

レジストリー画面

レジストリーキーを見る限り、以下のエディションが確認出来る

  • Microsoft Windows Enterprise Edition
  • Microsoft Windows Enterprise Eval Edition
  • Microsoft Windows Home Basic Edition
  • Microsoft Windows Home Premium Edition
  • Microsoft Windows Prerelease ARM Edition
  • Microsoft Windows Prerelease Edition
  • Microsoft Windows Professional Edition
  • Microsoft Windows Professional Plus Edition
  • Microsoft Windows Starter Edition
  • Microsoft Windows Ultimate Edition

ほとんどのエディションはWindows 7と似ているがARMエディションとProfessional Plusが新しい。また、Eval系は前にWindows 2000時に雑誌の付録で90日限定見たいので合ったのでEnterpriseにだけEvalが付いているという事は企業用の為のお試しオプションでしょう。

あ、気づきましたか?記事が少しでも役に立ったと思ったらシェアでもコメントでもしてみてください^^;
このページの短いURL: https://thejuraku.com/pc/?p=834
89 queries in 0.145 seconds.