Windows 8 Consumer Preview (CP)の様々な画面1

Windows 8 Consumer Previewの様々な画面1

Windows 8 Consumer Preview(CP)のデスクトップ
Windows 8 Consumer PreviewWindows 8 CPのデスクトップ。Windows 8 Developer Preview(DP)にてCanon MF4270のモノクロレーザー複合機がインストールしてあるのでそれがそのままデスクトップに置かれている。

Windows 8 Consumer PreviewWindows 8 CPのバージョン情報。[START]+[R]の後、WINVERと入力すると表示される。
Windows 8 Consumer Previewコントロールパネル
Windows 8 Consumer Previewデスクトップを右クリックしたところ
Windows 8 Consumer Previewデスクトップから右クリックからスクリーンの設定の画面を表示させたところ。
Windows 8 DPにて解像度は1280×1024に設定していたにもかかわらず、アップグレードしたところ、解像度が1024×768になっていた。まだ、Windows XPとかの時代では640×480に自動的に戻るから良い方かな。


Windows 8 Consumer PreviewWindows 8 CP作動直後のメトロ画面
Windows 8 Consumer Previewメトロ画面の右側
Windows 8 Consumer Preview自分の名前をクリックすると表示される
Windows 8 Consumer Previewさっきのメトロ画面と違い、全体表示中
Windows 8 Consumer Previewメトロ画面で右クリックしてアプリを全部見るとするとインストールされているアプリが表示される。
ここで思ったのが、Windows 8 Developer Previewの時にインストールしていたgoogle Chromeが勝手に削除されてる!
Windows 8 Consumer Previewメトロスタイルの違う画面。マウスを最右に移動させると表示される。

あ、気づきましたか?記事が少しでも役に立ったと思ったらシェアでもコメントでもしてみてください^^;
このページの短いURL: https://thejuraku.com/pc/?p=828