KURO-DACHI/ONE

先日別件のために「KURO-DACHI/ONE」を買いました。

KURO-DACHI/ONEとはどの様なものか?

内蔵タイプのSATA形式のハードディスクドライブを直立不動の形でパソコン(以後PC)に外付けドライブとして認識させることができる非常に便利なアイテムです。

良いところ

内蔵ドライブをPCに繋ぐ場合、デスクトップPCならケースを開けて接続しなければいけない。ノートパソコンや省スペースデスクトップPCならそもそもつなぐことは無理な場合がほとんどなのでデバッグやらでちょっとつなぎたい場合はかなり重宝する。

他にも外付けできるようにする機材もあるが、ケーブルだけのとかもあるので直立不動で立っているKURO-DACHI/ONEは場所も取らないし、ぷつけたりとかのアクシデントは起こりにくい。

改善して貰いたいこと

内蔵ハードディスクからKURO-DACHI/ONE経由で一気に1~2TBほどコピー処理をする時にWindows 10にてエラーを起こし、KURO-DACHI/ONEが認識されなくなる事がしばしば起こった。

この場合の1~2TBのファイル数は1.5万個前後、ファイルサイズも100kb?数gbと様々。

Windowsのログを見るとエラーが起こったときにエラーイベントが雪崩のように沢山記録されてるがどれもエラー回避には役立ちそうにない。

おそらくKURO-DACHI/ONEで利用されているjmicronのチップセットのせいかと。

ちなみに利用していたHDDはWD BLUE 5200rpm 4TBのモデルである。

あ、気づきましたか?記事が少しでも役に立ったと思ったらシェアでもコメントでもしてみてください^^;
スポンサーリンク
このページの短いURL: https://thejuraku.com/pc/?p=6699