Windows 8.1 ISOのダウンロード

Windows 8からWindows 8.1へアップグレードした時に、リカバリーを行うとWindows 8に戻ってしまい、またWindows 8.1へアップグレードしなくてはならなくなる。これは時間の無駄だし、ディスクへの書き込みの無駄になり、断片化も非常に多く起こす原因になる。

これを回避するために、マイクロソフトから直接Windows 8.1の正規コピーをダウンロードする事が出来る。

下準備:用意するもの

  • 4GB以上あるUSBドライブかDVD-R
  • Windows 8.1のプロダクトキー (xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx)
  • それなりに高速なインターネット回線
  • 時間

プロダクトキーの取得

現在インストールされているWindows 8.1のプロダクトキーがわからない場合は「Product KeyFinder」というソフトを使用すると簡単です。

Product KeyFinderについては以下を参照

現在使用しているWindows OS及びそこにインストールされた様々なアプリケーションのプロダクトキー、シリアルナンバーがわからない場合にW...

mediacreationtool.exeのダウンロード

Windowsインストール用のOSをダウンロードするためのソフトをダウンロード。以下よりダウンロードしましょう。注:下記リンクはWindows 8.1専用です。

ツールを今すぐダウンロード Microsoft Windows

Windows 8.1 のダウンロード

ダウンロード後作動する。mediacreationtool.exe iconmediacreationtool.exeをダブルクリックで作動。

mediacreationtool.exeのプロパティーは以下になります。バージョン値はインストールされるWindows 8.1のバージョンと同等になります。

MediaCreationTool,6.3.9600.17557.property

Windowsインストールメディア作成ツールの手順

win_media_creation_tool_dlg-01

私の環境ではWindows 8.1がインストールされているのはWindows 8.1 Core 日本語版 64ビットなので上記のようにそれを選択しています。もし、Windows 8.1 Proをお持ちである場合はそれを選びましょう。

win_media_creation_tool_dlg-02

ここではUSBドライブかISOのどちらかに保存するかを選択します。今回はあとから活用しやすいようにISOファイルとしてダウンロードする事に決めています。

win_media_creation_tool_dlg-03

ISOファイルをどこに保存するかを選択。ISOファイルの名前もわかりやすくデフォルトのWindows.isoからWindows81x64coreJPN等に変更した方があとからわかりやすいので楽です。

win_media_creation_tool_dlg-04

待ちましょう。

win_media_creation_tool_dlg-05

だいたい5~10分程ですが、回線速度に左右されますので。その後、win_media_creation_tool_dlg-06 win_media_creation_tool_dlg-07

と続き、だいたい3分ほど、ファイルを準備していますと私の環境ではかかりました。続いてISO作成が自動で行われます。win_media_creation_tool_dlg-08

これもだいたい2,3分ほどで終了。

win_media_creation_tool_dlg-09

ISOファイルの作成が終了しました。上記保存場所にISOファイルとして保存されました。

あ、気づきましたか?記事が少しでも役に立ったと思ったらシェアでもコメントでもしてみてください^^;
このページの短いURL: https://thejuraku.com/pc/?p=3690
102 queries in 0.666 seconds.