エラーコード:0x00000007B (0xFFFFF880009AE7E8, 0xFFFFFFFFC0000034, 0x0000000000000000, 0x0000000000000000) Windows 7 BSOD

Windows 7にて起こるBlue Screen of Death (通称: BSoD)現象の一つです。この画面、メインPCだったりすると心が平穏ではいられなくなりますよね。

Windows 7 Error 0x00000007B (0xFFFFF880009AE7E8,0xFFFFFFFFC0000034,0x0000000000000000,0x0000000000000000)

日本語のBSODはありませんが、ざっくり言いますと、

問題が起こったのでWindowsはこれ以上問題を深刻化させないためにシャットダウンしましたよ。初めての場合は再起動してみるといいかも。ウイルスや新しいハードウェアを追加したなら全部外してみよう。もしくはCHKDSK /FでHDDのエラーをチェックしてね。

HDDにエラーがあるかもだからCHKDSKしてねというけど、セーフモードでも作動しないのでその時点でアウトな人もいますよね。

今回の場合は具体的にエラーメッセージにてエラーコードがずらりと出ているので解決するのは簡単にはなりますが。

問題の発生原因

大体以下の問題に手起こります。

  1. P2VもしくはV2PにてHDDを引越した場合。P2Vとは物理から仮想環境へ、V2Pとは仮想環境から物理環境への引っ越しです。
  2. 同一マザーボードへの入れ替え。
  3. BIOSのリセットをした。

解決策

どの問題も基本的にはヒューマンエラーによって起こされるものです。

物理環境の場合

BIOS画面へ入り、HDDコントローラーをIDEだったのならばSATAに設定しなおす。また、HDDコントローラーがSATAに設定されていたらIDEに設定しなおす。

仮想環境の場合

該当するWindows 7 マシンの仮想環境の設定にてコントローラーをSATAからIDEへ設定しなおす。もしくはIDEだったのならSATAへ設定しなおす。

ただ、物理PCがSATAだったのに仮想環境ではSATAではだめだったりするのはなぜでしょうかね。

上記を行ってもダメな場合

相性問題も捨てきれない線なので、物理HDDの場合は外付けHDDとしてつなげて違うHDDをつなぎなおしましょう。その場合できるだけ同一容量のHDDにクローンし、再度試してみるのも有りかもしれません。

あ、気づきましたか?記事が少しでも役に立ったと思ったらシェアでもコメントでもしてみてください^^;
このページの短いURL: https://thejuraku.com/pc/?p=5599
119 queries in 4.520 seconds.